パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    6. 対立から和平へ(その3)

    <<6. 対立から和平へ(その2)

    考えてみれば、シオニズム運動というものは、最初は本当に少数の人々の間でしか受け入れられなかった。イスラエル建国に向けた、シオニズムの動きは、少数の政治的シオニストとそれを外から利用しようとした者の力による作為的なものだったのではないだろうか。

    ユ ダヤ人一人ひとりの心には、当然ユダヤ人国家建立への思いはあったに違いない。実際彼らは世界各地で、差別や迫害を受け続けていたのだから。しかし、その 感情を思いとどまらせていたのは、現実問題、その行為自体がユダヤ教の教義を守った上での行為ではなかったことなのではないだろうか。

    とはいえ、イスラエル建国により、世界各地で迫害されてきた国を持たないユダヤ人の祖国というべきところができたわけである。

    先 に、シオニズムの動きは作為的と述べたが、これは単なるきっかけに過ぎない。本当に原動力となったのは、民族への一体感であろう。昔から強国の支配の中で も常に民族がひとつとなることを望み、その思いが、何千年を経た現在まで受け継がれてきたのだ。この思いこそが、イスラエル建国の最大の原動力だったに違 いない。

    未だ、多くの問題が残されている今後を考えると、彼らの本当の和平が訪れるのは、まだまだ先のことかもしれない。

    しかし、元を正せば、ユダヤ人もアラブ人のひとつの部族に帰するのだ。もし、この事実を強く認識すれば、宗教の相違はあれ、彼らが共に歩みだす日は、そう遠くはないと思うのだが。

    パレスチナとイスラエルトップへ

    6. 対立から和平へ(その2)

    <<6. 対立から和平へ(その1)

    こうしてみてくると、アラブ人とユダヤ人の対立を引き起こした最大の要因は、アラブ民族でありながら、パレスチナ人となったという事実であることが分かる。

    このときに、単なる宗教の相違による対立から、民族間の対立に変わったのである。

    また、もっと大きな目で見れば、シオニズム運動自体を、帝国主義の権力というものに委ねてしまったことこそが、このような悲しい出来事を引き起こしたもともとの原因だったのではないだろうか。権力に頼った強制的なイスラエル建国こそが、ユダヤ教の立場から見た「人の計画を盛って神の計画に変えようとした人間の傲慢な思い上がり」であり、?心的な態度だったのではないだろうか。対立による犠牲はその報いだったのかもしれない。

    6. 対立から和平へ(その3)>>

    パレスチナとイスラエルトップへ

    6. 対立から和平へ(その1)

    <<5. 対立の激化(その5)

    イスラエル建国の次の日、イスラエル建国を認めないアラブ諸国は、武力行使し、第一次中東戦争が発生した。それを皮切りに、さまざまな紛争が相次ぎ、イスラエル武装勢力に対しアラブ人もパレスチナ解放機構(PLO)を発足した。そして、1967年、1973年と第三、第四次中東戦争が起きた。。

    これまでの歴史を振り返ってみると、イスラエルとアラブ諸国の対立は更に発展すると思われたのだが、これから後は「終戦」へ向けて進んでいく。1988年12月13日には、アラファトPLO議長がジュネーブの国連総会で国家としてのイスラエルを承認し、和平会議の開催を訴えた。これこそが、長年敵対関係を続けてきた両者が、共存への第一歩を踏み出すと共に、「世界の火薬庫」と呼ばれた中東和平に突破口を開く歴史的節目であった。

    6. 対立から和平へ(その2)>>

    パレスチナとイスラエルトップへ