パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)

    <<1. 古代ユダヤ教の成立(その2)

    ところが、どういう訳かその頃に10回にも及ぶ天災が起きた。ファラオはその原因がユダヤ民族にあると考えた。彼らがいるからこそ、エジプトに不幸をもたらすのだと考え、遂にユダヤ民族に出国を許した。

    奴隷となって実に400年、ついに彼らは自由の身となった。しかし、直後にファラオが心変わりし、軍勢を差し向けて追撃してきた。ユダヤ民族は必死に逃げたものの、海にたどり着いてしまい、逃げ場を失ったかに見えた。しかし、そこで奇跡が起こった。「十戒」の中に出てくる

    海が二つに割れて・・・・

    というシーンである。

    このお陰でエジプト軍からは逃れたものの、苦難は続いた。今度は砂漠を彷徨い、最初は指導者を信じてついて来た人々も次第に不満が高まっていった。その不満が頂点に達する頃、地上に「神」が現れた。神は言った。

    「ユダヤの民が、精神的指針となっていた十戒を遵守することと交換に、私はユダヤの民を守り、イスラエルの地なる領土を約束する。」

    と。ここにおいて、初めて神と人間の間の契約が交わされた。原始ユダヤ教の誕生である。

    2. ユダヤの歴史(その1)>>