パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    2. ユダヤの歴史(その1)

    <<1. 古代ユダヤ教の成立(その3)

    ユダヤの部族を統一し、初めて王となったのが「ダビデ」である。エルサレムを首都とし、近隣諸国と友好関係を結んだ。ダビデの後を継いだ息子の「ソロモン」は、ユダヤ教の神殿を建設し、十戒の石版を納めた聖櫃を安置した。しかし、その後の彼の野心的事業のために不満が高まった。

    ソロモンの死後、反乱が起こり、国が二つに分かれた。北のイスラエル王国と南のユダ王国である。

    しかし、イスラエル王国は紀元前722年にアッシリア軍に征服され、彼らは追放のみとなり、四方八方へと離散した。

    一方、ユダ王国も紀元前586年、バビロニアに征服され捕らえられた。このときから「捕虜時代」を迎えた。しかし、この経験を元に、十戒の思想を基本としたユダヤ教は、独自の思想体系として発展、精神生活を支える大きな柱となった。

    次々と変わる支配の中でも、彼らは頑なまでにユダヤの伝統を守り、自治を勝ち取ろうとした。

    2. ユダヤの歴史(その2)>>