パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    4. シオニズム運動(その2)

    <<4. シオニズム運動(その1)

    シオニズム運動は、当初各地のユダヤ人社会からはあまり受け入れられなかった。その理由は次の2つである。

    1つ目は、シオニズム運動の展開によって、反ユダヤ主義の反発を一層強める危険があったことである。

    2つ目は、宗教的見解として、人の営為としての殖民、国家形成が「解決」であり「救い」であるとする、シオニズムの考え方に対し、ユダヤ教の立場から、「これこそが人の計画をもって神の計画に変えようとする人間の傲慢な思い上がりであり、冒心的な態度である」と考えたことである。

    2つ目の理由により、少なくとも宗教的を満たさなければ、シオニズムは成功しないと考えるようになった。当時ユダヤ人国家の建設地をウガンダの地へ変えようという動きが「地域主義者」と呼ばれる人たちの中であったのだが、2つ目の理由のために棄却された。

    よって、シオニズム運動の方向も、宗教的理由から、当然パレスチナの地へと向けられるようになった。

    5. 対立の激化(その1)>>