パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    5. 対立の激化(その1)

    <<4. シオニズム運動(その2)

    第一次世界大戦で、オスマントルコが敗れたために、その旧植民地は主要連合国の委任統治領となっていた。

    1917年11月2日、英国政府によりバルフォア宣言が発表された。内容は次の通りである。

    「英政府が、パレスチナにユダヤ人の民族的郷土を創ることに同意、そのための最善の努力を払う。」

    しかし、この宣言が発表される前に、イギリスの有力ユダヤ人たちは反対した。

    それは、この宣言のために各国のユダヤ人が築き上げてきた権利、地位を脅かし、反ユダヤ主義を増長することが考えられたためであり、また現在パレスチナにいる住民(アラブ人)の反対が考えられたためである。

    とはいえ、この宣言によってシオニズム運動は当初の目的通り、強国政府に公式に認められたのである。

    また、イギリスは、バルフォア宣言によって、オスマントルコの旧植民地のうちの「パレスチナ」の統治を行うことになった。見方を変えれば、イギリスはシオニズムを利用したお陰でパレスチナを獲得したことになるのである。

    5. 対立の激化(その2)>>