パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    5. 対立の激化(その3)

    <<5. 対立の激化(その2)

    こうなると、以前から住んでいたアラブ人にとっては、パレスチナ建国は不利益なことでしかなく、日増しに不満が高まり、遂には1929年8月のパレスチナ全土に及ぶアラブ人のユダヤ人襲撃事件に発展した。

    これに対してユダヤ人も、ユダヤ人所有の企業や果樹園から、アラブ労働者を締め出すピケット運動を行った。

    また、この頃からユダヤ人の非合法移民も盛んに行われた。

    特に、1933?1936年の東欧からの移民増加により、人口が急増した。原因はナチ政権の成立である。こうしてパレスチナにおける、ユダヤ人勢力は異常かつ急激に拡大し、彼らの侵略的とも言える植民活動によって、パレスチナのアラブ人社会は解体の危機にまでさらされた。見方を変えると、ナチ体制のもたらした犠牲の最終的なしわ寄せをうけた最大の被害者は、パレスチナに住むアラブ民族であったわけである。

    ユダヤ人の支配的体制の中で、アラブ労働者は、極端な差別賃金、選択的臨時雇用、暴力ピケによって排除され、またアラブ農民も土地を奪われて住むべきところを失った。 これらの一連の出来事に対し、1936年、遂に「アラブ蜂起」が起こった。

    5. 対立の激化(その4)>>