パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    5. 対立の激化(その4)

    <<5. 対立の激化(その3)

    「アラブ高級委員会」の成立と共に、民衆の武装反乱が起きた。彼らは、ユダヤ人の移民の即時停止、アラブの土地のユダヤ人への移譲禁止、代議制に基づく民族的政府の樹立を要求したが、イギリス政府によって鎮圧されてしまった。

    イギリス政府は、その直後にパレスチナの3分割、つまりユダヤ人国家、アラブ人国家、イギリス行政区の3つに分けることを指針としたピール案を提示した。

    アラブ高級委員会は、これを当然否決したが、イギリスの徹底した武力弾圧によって敗北した。これにより、アラブ人勢力は武装解除、政治組織の解体の危機にさらされた。

    1939年5月、イギリス政府は、パレスチナ問題白書を提示した。その内容は、10年以内にパレスチナ国家を建設すること、もう一方は何と将来的にユダヤ移民の受け入れを打ち切ること、ユダヤ人の土地所有に制限を与えることであった。

    このことは、建国を目前にしたシオニストにとってはショックなことだった。

    5. 対立の激化(その5)>>

    パレスチナとイスラエルトップへ