パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    5. 対立の激化(その5)

    <<5. 対立の激化(その4)

    イギリスは、このように、ある時はアラブよりの、またある時はユダヤよりの政策を行うことで、アラブ諸国とユダヤ人を対立させ、その均衡を保ちながら、自らがパレスチナ一帯を支配しようとしていたのかもしれない。

    1946年10月4日、今度は、米政府が公式にユダヤ人国家建国を承認した、ヨーム・キップール宣言を採択した。

    これに対し、パレスチナ現地では、アラブ諸国がイギリスの支持を期待しながら義勇軍を結成していた。こうしてますます深刻化した対立で、しかも今度はアメリカまで介入してきたことで、イギリスにはもう問題の解決は不可能であった。

    ついには問題解決は、国連の手に委ねられた。それに対応して国連は、パレスチナ特別委員会(UNSCOP)を設置し、1947年11月29日の国連のパレスチナ分割決議で、次のように定められた。

    「パレスチナをユダヤ人国家とアラブ人国家に分割し、それぞれを独立させ、エルサレムは国連の信託下に置かれ、国際化された飛び地とする。」

    こうしてパレスチナ分割と、ユダヤ人国家創設への国際体制が、国連を場として形成され、遂に1948年5月14日、パレスチナの地にユダヤ人国家「イスラエル」が建国されたのである。

    6. 対立から和平へ(その1)>>