パレスチナとイスラエル

  • パレスチナとイスラエルの歴史

  • 1. 古代ユダヤ教の成立(その1)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その2)
    1. 古代ユダヤ教の成立(その3)
    2. ユダヤの歴史(その1)
    2. ユダヤの歴史(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その1)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その2)
    3. アラブ人の来訪とパレスチナの動き(その3)
    4. シオニズム運動(その1)
    4. シオニズム運動(その2)
    5. 対立の激化(その1)
    5. 対立の激化(その2)
    5. 対立の激化(その3)
    5. 対立の激化(その4)
    5. 対立の激化(その5)
    6. 対立から和平へ(その1)
    6. 対立から和平へ(その2)
    6. 対立から和平へ(その3)

    木曜日, 10月 05, 2006

    6. 対立から和平へ(その2)

    <<6. 対立から和平へ(その1)

    こうしてみてくると、アラブ人とユダヤ人の対立を引き起こした最大の要因は、アラブ民族でありながら、パレスチナ人となったという事実であることが分かる。

    このときに、単なる宗教の相違による対立から、民族間の対立に変わったのである。

    また、もっと大きな目で見れば、シオニズム運動自体を、帝国主義の権力というものに委ねてしまったことこそが、このような悲しい出来事を引き起こしたもともとの原因だったのではないだろうか。権力に頼った強制的なイスラエル建国こそが、ユダヤ教の立場から見た「人の計画を盛って神の計画に変えようとした人間の傲慢な思い上がり」であり、?心的な態度だったのではないだろうか。対立による犠牲はその報いだったのかもしれない。

    6. 対立から和平へ(その3)>>

    パレスチナとイスラエルトップへ